HOME > ニキビの原因アクネ菌とは

ニキビの原因アクネ菌とは

ニキビが出来る原因はアクネ菌、というのは誰しも知っていることでしょう。
しかしアクネ菌がどんな細菌か知っている方は少ないのではないでしょうか。

にきびケアを考える際にはまず、アクネ菌の特性について知る必要があるでしょう。
まずは敵を知り、にきび対策を考えてみましょう。

アクネ菌という名前は有名になったものの、アクネ菌自体はそれほど珍しい細菌ではありません。
私たちの皮膚には常在菌といって、どんなに綺麗にしている人でも細菌が存在するのですが、アクネ菌も常在菌の一種です。

常在菌は人間の体に住み着いているのですが、中には良い菌と悪い菌がいます。
わかりやすくいうと腸内細菌が良い例です。

腸内細菌にも善玉菌と悪玉菌が存在しますが、良い菌と悪い菌のバランスによって私たちの健康は保たれているわけです。
同様にアクネ菌にも善玉菌と悪玉菌が存在します。

善玉菌であるアクネ菌は人間の皮膚を弱酸性に保ち、雑菌が繁殖しないような環境作りをしてくれます。
ですから善玉であるアクネ菌を増やせば肌荒れしにくくなる、つまりにきびにもなりにくいのです。

一方で悪玉菌であるアクネ菌は脂肪を遊離脂肪酸に分解して、にきびの炎症を引き起こす過酸化脂質の生成を促進します。
腸内環境と同様、善玉菌の多い皮膚が健康的といえるのですが、常在菌ですからまったくゼロにすることは出来ません。

アクネ菌は密閉された、脂分の多い場所に住み着くという習性があります。
ですから皮脂が詰まって密閉された毛穴に住み着いてニキビを引き起こしたり、悪化させたりするわけです。

アクネ菌を完全に除去することは不可能ですから、まずはアクネ菌の温床となる皮脂が毛穴に詰まらないようにすることが大切です。
そのためには日ごろから洗顔をして皮脂を取り除くこと、脂質代謝を促進するビタミンB2を摂取して皮脂の分泌を抑えるのも効果があるでしょう。

またニキビの原因は遊離脂肪酸の酸化ですから、抗酸化作用のあるビタミンCを摂取すると良いでしょう。
抗酸化作用によって脂肪酸の酸化を防ぐことが出来れば、にきびだけでなく、お肌の乾燥やシミ、皺を防ぐことも可能になります。


▲ページトップに戻る