HOME > チョコレートを食べるとニキビが出来る?

チョコレートを食べるとニキビが出来る?

チョコレートを食べるとニキビが出来ると昔から言われています。かくいう私もチョコレートは大好きなのですが、食べ過ぎるとニキビが出来やすくなります。しかしある研究ではチョコレートとニキビに直接的な関係は無いということが発表されました。信頼の出来る機関や有名大学の研究結果でも同様の結果が出ていますから、チョコレートでニキビが出来るというのは関係ないのかもしれません。それどころかチョコレートの原料であるカカオはポリフェノールが豊富です。ポリフェノールには血液中のコレステロールの蓄積を防ぐ効果があり、動脈硬化、心筋梗塞等の病気を発症するリスクが低下するそうです。さらにはチョコレートにはカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分も豊富であり、むしろニキビが出来にくくなるのではないかと考えられています。ではチョコレートを食べてニキビが出来るのは何故でしょうか。それはチョコレートの種類にも関係があるようです。一口にチョコレートといっても砂糖や脂分の含有量は商品によって違います。ニキビの原因は脂質や糖分の過剰摂取なんです。ですからブラックの甘味の少ないチョコレートではニキビは出来ないのですが、甘い砂糖が多めに入っているチョコレートなんかでは、ニキビが出来ると考えられます。試しにコンビニやスーパーで売られているチョコレートの成分表を見てみてください。大半が脂質と糖分で出来ているはずです。チョコレートのカカオがニキビに悪影響を与えないとしても、一緒に含有されている成分が悪さをしているのですね。どうしてもチョコレートを食べたいのであれば、甘さ控えめ、カロリー控えめなものを選ぶと良いかもしれません。


▲ページトップに戻る