HOME > ニキビは潰さない方が良い?

ニキビは潰さない方が良い?

ニキビが出来ると早く治したい気持ちが強くなり、つい潰したくなってしまいます。
うまくニキビを潰して膿出しに成功すると、にきびも目立たくなるので、潰した方が良い気がします。

でもにきびは手や爪で触るだけでも細菌が付く恐れがありますし、下手に刺激を与えると悪化の原因になることもあります。
痒みを伴うのでつい引っ掻いてしまったり、髪の毛が触れてしまうこともありますが、極力触れない方が良いでしょう。

にきびは皮膚が炎症を起こしている段階ですので、刺激を与えると皮膚組織を傷つけてしまうこともあります。
そうするとにきびによってできた傷が皮膚の奥深く、真皮にまで広がり、深い傷跡が残ってしまうかもしれません。

いわゆるにきび痕ですが、クレーターとも呼ばれ、一生消えない傷になります。
手や爪でにきびを潰すと細菌が入り込み、炎症が悪化したり、感染症を引き起こす可能性があります。

では火であぶって殺菌した針でつぶすのはどうかといえば、医師などのプロを除き、自分でやるのは止めた方が良いかもしれません。
病院ではにきびを潰してくれますが、自分ではにきびは潰さない方が良いです。

確かに針は殺菌されているかもしれませんが、針によって皮膚組織を傷つけることは考えられます。
うまく皮脂や膿を取り除ければ良いですが、下手に皮膚細胞に刺激を与えると、炎症を引き起こす可能性があります。

またメラニン色素が生成されて、シミの原因になるかもしれません。
どうしても早くにきびを治したいのであれば、病院で受診するのが一番です。

また最近ではレーザーを使用したニキビケアも行っている病院があります。
レーザーを使うとにきび周辺の皮膚組織を傷つけるリスクが少なく、殺菌効果もあるので、にきびが再発したり、痕になって残る心配もありません。


▲ページトップに戻る