HOME > 年齢別ニキビケア

年齢別ニキビケア

一口にニキビケアといっても、年齢によってケアの仕方は異なります。
特に10代の頃にできる思春期にきびと、20代以降にできる大人ニキビの原因は異なるのですから、ケアの仕方も異なって当然です。

まず10代の頃にできる思春期にきびですが、こちらは皮脂の過剰分泌が原因で出来るニキビです。
10代の頃は成長期で成長ホルモンが盛んに分泌される時期です。

この成長ホルモンは皮脂腺を刺激し、皮脂の過剰分泌を引き起こします。
この時期のニキビケアはとにかく洗顔を行い、皮脂をきちんと落とすことです。

かといって顔をごしごし擦るのも考えものです。
洗顔料をしっかり泡立てて洗顔するか、あるいは泡タイプの洗顔料を使い、指で擦るのではなく、泡で顔をこするイメージで洗顔を行うと、お肌へのダメージも少なくて済みます。

それから女性も成長ホルモンの分泌によってにきびができやすくなるのですが、それに加え、過剰なダイエットによって栄養不足を招き、にきびが出来てしまう人も多いようです。
思春期ニキビの対策においても、必要な栄養素を摂取し、健康な体を維持することは必要です。

それから20代以降に出来るにきびは大人にきびと呼ばれ、この頃に出来るにきびは生活習慣の乱れやストレスによる影響が大きいようです。
20代はまだそれほど代謝機能が低下するものではありませんが、社会人になってこれまで以上にストレスを感じたり、親元を離れて生活をするために栄養バランスが崩れたり、飲み会や夜更かしから肌荒れを招くケースは多いようです。

大人ニキビにおいても洗顔やスキンケアが必要ですが、10代程気にする必要はありません。
あまり刺激の強い洗顔料は却ってにきびを悪化させることもあります。

それよりも生活習慣を見直し、ストレスを感じない生活リズムを整えることの方が大切です。
栄養バランスの取れた食事をすることと、毎日決まった時間に睡眠時間を確保するだけで20代頃のにきびは予防できます。

さらに30代以降になると、肌の乾燥、代謝機能の低下からにきびができやすくなります。
通常28日周期で訪れるターンオーバーも30代を過ぎると遅れがちになります。

また肌の水分量も低下するため、お肌が乾燥し、固くなった角質が毛穴を塞いでニキビを発症させやすくします。
そのためこの時期はお肌が乾燥しないように注意し、かつ余分な皮脂は除去するというニキビケアが必要になります。

この時期はただ洗顔をするだけではニキビ予防が難しいといえます。
女性でなくても洗顔後の保湿はもちろん大切ですし、普段の生活習慣を見直し、代謝機能が低下しないように注意しなければなりません。

なおごぼう茶には胃腸の働きを取り戻し、代謝機能を向上させるので、にきびを解消する効果があるようです。
ごぼう茶ランキングを参考にして、自分にぴったりのごぼう茶を探してみてください。

このように年齢によってニキビケアが異なるものです。
正しい知識を付けてニキビケアをしていきたいものです。


▲ページトップに戻る