HOME > ニキビケアの注意点

ニキビケアの注意点

ニキビケアは大切ですが、一歩間違えるとにきびを悪化させたり、にきび痕の原因にもなります。
ニキビケアにおいて絶対にしてはいけないこと、それは爪でにきびを潰すことです。

私たちの手、特に爪には雑菌がたくさん付いています。
そのため爪でにきびを潰すと、ばい菌が入り、にきびが化膿する恐れがあります。

もし潰すのなら消毒をした針などを用います。
ただにきびを潰してはいけない段階もあるので注意しなければなりません。

それから洗顔のし過ぎもNGです。
皮脂や汚れを落とすことはニキビケアにおいて大切ですが、洗顔のし過ぎは皮脂を過剰に落としてしまいます。

そうなるとお肌は乾燥を防ごうと皮脂を過剰に分泌するようになります。
そのため結果的にニキビが出来やすくなってしまうのです。

それから女性の場合ですが、にきびを隠そうと厚めにファンデーションを塗る方がいます。
ファンデーションを塗りすぎると皮膚呼吸が出来ません。

またファンデーションが毛穴を塞ぐわけですから、ニキビを悪化させる原因になります。
どうしてもにきびを隠したいという方はマスクをしたり、ベビーパウダーを使うことをお勧めします。

そもそもニキビが出来るのは不規則な生活や栄養不足によって、皮膚の免疫力が低下していたり、代謝が悪くなっていることが原因です。
ですから洗顔やスキンケアを頑張るより、まず生活習慣を見直すことと栄養をしっかり摂ることが大切なのです。

またビタミン類は皮膚を健康な状態に保つのに有効な栄養素といえます。
食事で必要量が摂取できないという方はサプリなどを用いるのも良いでしょう。

それから既にできてしまったニキビや悪化したニキビには薬に頼るのも一つの手です。
ドラッグストアでも薬は手に入りますし、病院で処方してもらうこともできます。

飲み薬や塗り薬など色々ありますが、自分に合った薬を使うようにしましょう。
ただし始めて薬を使う場合はどんな薬が良いか分かりませんから、医師や薬剤師にアドバイスをもらうと良いでしょう。


▲ページトップに戻る