HOME > ニキビの種類

ニキビの種類

にきびにも段階があり、それぞれにケアの仕方が異なるのをご存じでしょうか。
ニキビの段階によって症状を改善できる場合と、放っておいた方が良い場合があるのです。

基本的に白ニキビや黒にきび、赤にきびは比較的軽度なにきびであり、通常のニキビケアで症状は改善します。
一方で黄ニキビや結節、嚢胞といった症状になると、ニキビケアが難しくなります。

この状態では病院で受診するか、薬を使う必要も出てきます。
下手ににきびを潰したりすれば、にきびを悪化させたり、クレーターと呼ばれるニキビ痕になることもあります。

ではニキビの種類について段階を追って説明したいと思います。
まず毛穴に皮脂が詰まって白い塊が出来ますが、これが白にきびです。

白にきびは皮脂が詰まって外に出られなくなった状態です。
白ニキビは次第に固くなり、外気で酸化することで黒くなることもあります。

酸化して黒くなった状態を黒ニキビを呼びますが、必ずしも黒にきびは出来ません。
毛穴の入り口が開いたまま、皮脂が詰まった状態になると、黒にきびになりやすいようです。

ただ白にきびや黒にきびの段階ではそれほど深刻な状態ではありません。
適切なニキビケアを行えば、にきびの進行を防ぐことは可能です。

しかし毛穴に皮脂が詰まった状態が続くと、アクネ菌が繁殖し、ニキビ周辺が赤く炎症を起こすようになります。
この状態が赤にきびといい、赤く腫れ上がったり、触れると痛みを伴うこともあります。

赤にきびを下手に潰そうとすると、痕になって残ることもあります。
そのため洗顔をしてアクネ菌の繁殖を抑えながら、自然に治るのを待った方が良いといえます。

ただ炎症がひどくなると、毛穴の中に膿を持つようになり、黄にきびといった状態になります。
この状態では絶対ににきびを潰してはいけません。

無理に潰すとにきび痕になって、一生消えない傷になります。
さらに黄にきびが進行すると、炎症が皮膚の内部にまで広がり、広範囲に渡って皮膚が赤くなったり、膿が袋状に広がることもあります。

これを結節や嚢胞といいますが、にきびが相当進行した状態ですので、放っておくと皮膚細胞を破壊してしまう恐れもあります。
ですのでこの状態になったら早めに病院で医師に診察してもらうと良いでしょう。


▲ページトップに戻る