HOME > スキンケアでニキビ予防

スキンケアでニキビ予防

にきびは一度出来ると何度も再発します。
ですから日々のスキンケアでにきび予防するのが一番です。

では何故にきびが出来るのかといえば、皮脂の分泌が過剰であることが一つの原因として考えられます。
特に思春期は体を成長させるために成長ホルモンが活発に分泌されます。

そのため思春期ににきびがたくさん出来るのですが、にきびの原因はこれだけではありません。
大人になって出来るにきびは生活習慣の乱れによる自律神経のバランスが崩れることや、男性ホルモンが過剰に分泌されることが原因です。

男性ホルモンは女性でも分泌されるものですから、女性だからと油断してはいけません。
特に自律神経のバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が盛んになるので、にきびが出来やすくなります。

何故自律神経のバランスが崩れるのかといえば、睡眠不足や運動不足、食習慣の乱れも原因として考えられます。
自律神経の乱れは結果的に免疫力の低下や代謝機能の衰えも引き起こします。

ですので不規則な生活が続いている人はまず生活習慣を整えなければなりません。
さてスキンケアについて話を戻すと、皮脂の分泌がにきびの一つの原因ですから、まずは皮脂の過剰分泌を抑え、毛穴に詰まらせないようなケアが必要になります。

皮脂を取り除くには洗顔が大切なのですが、洗顔のし過ぎも良くありません。
というのも洗浄力の強い洗顔料は皮膚に必要な皮脂まで除去し、さらに水分を蒸発させてお肌のうるおいを奪ってしまいます。

ですから一日に何度も洗顔したり、自分の肌質に合わない洗顔料の使用は避けた方が良いかもしれません。
肌の水分が奪われると角質が固くなり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなりますし、皮膚の乾燥が余計に皮脂を分泌させてしまいます。

また女性の場合は化粧をすると思いますが、ファンデーションの厚塗りは皮膚呼吸を妨げ、皮膚の代謝を低下させます。
さらにファンデーション自体も皮脂と混ざって毛穴に詰まるので、にきびの原因となるでしょう。

またオイルクレンジングを使用している方も注意が必要です。
オイルクレンジングはその名の通り、オイルですから皮脂同様、油分です。

ですから皮脂に混ざると毛穴に詰まってにきびが出来やすくなるのです。
クレンジングを使うならなるべくオイル分の少ないものを使うと良いでしょう。

クレンジングの選び方については、クレンジング人気ランキングのサイトをご覧ください。

また洗顔後は保湿が大切です。
水分が不足すると毛穴周辺の角質が硬化し、毛穴が詰まりやすくなります。

洗顔後は保湿成分の入った化粧水や美容液でしっかり保湿することで、皮膚が柔らかくなり、毛穴の詰まりを防止してくれます。
化粧水や美容液はセラミドを配合したものや、ビタミンC配合のものを使うとにきび予防になります。

いずれにせよ油分の多いスキンケア商品の使用は控えた方が良いでしょう。
大切なのは油分ではなく、保湿です。


▲ページトップに戻る