HOME > ニキビと食べ物の関係

ニキビと食べ物の関係

にきびを治すには洗顔、化粧水で保湿と考えがちですが、普段の食生活を見直すことでにきび予防や症状の改善に繋がります。
特に偏食傾向があり、栄養バランスの乱れている方、外食が多く味付けの濃い食事ばかり食べている方、夜遅く食事をしたり、食べ過ぎの方や食事制限をしている方、食生活を見直すとにきびは良くなるかもしれません。

また食べ物の中にもにきびに良いものと悪いものがあるのをご存じですか?
例えばチョコレートやケーキなどのお菓子やスイーツ、女性は好きな方が多いでしょうし、最近では「スイーツ男子」なる言葉も生まれるくらい、男性の方も甘いものを好んで食べますね。

でもチョコレートやケーキはにきびを悪化させます。
お菓子やスイーツには砂糖や脂肪がたくさん含まれていますね。

砂糖や脂肪は皮脂の主成分であるトリグリセリドを増やし、皮脂の分泌を促進します。
さらに砂糖や脂肪は消化しにくく、胃腸の機能が低下する恐れがあるのです。

同じ理由でコーヒーも胃腸に刺激を与えるほか、ビタミンB群の吸収を阻害するのでにきびが悪化します。
お酒に含まれるアルコールも分解するのにビタミンやミネラルを消費するのでよくありませんね。

ではにきびに良い食べ物は何があるかといえば、ずばりビタミンやミネラルを多く含む食材です。
ビタミンやミネラルを含む食べ物は美肌になる食材ですので、毎日食べる習慣を付けると良いでしょう。
例えばビタミンAは皮膚や粘膜の水分量を維持し、毛穴の硬質化を防いだり、お肌のターンオーバーを促すので、ニキビ予防に効果があります。

ビタミンAは動物性の食品に多く、特にうなぎやレバーに豊富に含まれています。
また人参やホウレンソウ、カボチャなどの緑黄色野菜にも含まれています。

さらにレバーやウナギにはビタミンB2やビタミンEも豊富であり、皮脂の分泌を抑制する効果や抗酸化作用があります。
ビタミンB2はレバーやウナギのほか、卵やチーズなどの乳製品にも含まれていますし、ビタミンEはいくらやすじこなど魚の卵に豊富です。

さらにレバーにはビタミンB6も含まれているので、美肌効果が抜群です。
にきび予防にはレバーが最適といえそうです。

また美肌に良いビタミンといえば、ビタミンCですが、こちらはピーマンやブロッコリーなどの野菜、キウイやレモンなどの果物に含まれています。
ビタミンCは抗酸化作用が高く、メラニンの生成を抑制する効果もあります。

ビタミンCはビタミンEと同時に摂取すると相乗効果が高いといわれます。
さらにミネラルもにきび予防には効果がありますから、カルシウムの豊富な牛乳やチーズなどの乳製品、亜鉛の豊富な牡蠣、牛肉、ナッツ類を食べると良いでしょう。

ただビタミンCは一度にたくさん摂取しても尿と一緒に排泄されてしまいます。
ですので、毎日一定量を食べる習慣を付けると良いでしょう。

それからビタミンAやEは脂溶性ですので、油で調理すると溶け出して吸収率が良くなるという性質があります。
調理方法にも工夫を加えてにきび予防や症状の改善に効果のある食材を食べるようにしましょう。

なおダイエットにも使われている酵素ドリンクにはこれらの栄養素も豊富に含まれています。
酵素ダイエットの方法についてはこちらをご覧ください。


▲ページトップに戻る