HOME > ニキビの膿の出し方

ニキビの膿の出し方

ニキビを潰すと膿が出てきますが、そもそもニキビを潰しても良いのでしょうか。下手にニキビを潰すと痕が残るなんて言いますが、ニキビの膿を出すにはタイミングと出し方が大切なんです。上手にニキビの芯が出せれば炎症も早く治まるので、ニキビが早く治ります。しかし中途半端に膿出しをしても、また膿が溜まるだけですし、逆に力任せにニキビを潰してしまうと患部周辺組織が炎症を起こしてしまうので、にきび痕が残ってしまいます。ニキビの膿出しを上手に行うには、専用の膿出し器がありますし、皮膚科で膿出しをしてもらうことも出来ます。ですから自分で上手ににきびを潰せないという人はこういった器具や病院を頼るのが一番です。皮膚科での膿出しは面皰圧出といいますが、皮膚治療ですので保険が使えますから費用もそれ程かかりません。ただそんな頻繁にニキビを潰すわけでもないし、自宅にある道具で簡単にニキビの膿出しは出来ないものでしょうか。そのような方には消毒した針を使えば簡単にニキビを潰すことが出来ます。針を火で炙っても消毒出来ますが、煤が付くこともあるので、消毒用のエタノールの使用をおすすめします。針で膨れたニキビの先端に穴を開け、膿出しを行います。くれぐれも奥まで刺さないように注意してください。表面に軽く穴を開けるだけで十分です。さて大事なのは膿出しをした後です。ニキビを潰した後は患部周辺を清潔にしておかなければなりません。そうしないと患部からバイ菌が入って潰す前よりも悪化してしまうかもしれません。ニキビを潰して半日から1日もすれば傷も修復されますので、その間は刺激を与えないようにしておきます。ニキビ用の軟膏なんかを塗っておくのも良いかもしれませんね。


▲ページトップに戻る