HOME > 顎にきび

顎にきび

大人になると顎周りにニキビが出来やすくなります。
顎周りはTゾーンに比べて皮脂の分泌が少なく、思春期の頃はにきびが出来にくい部位です。

皮脂の分泌が少ないのに、どうして顎ににきびが出来るのでしょうか。
顎は比較的汗もかきにくいのですが、逆に乾燥しやすい箇所ともいえます。

皮膚が乾燥していると、外部刺激に弱く、衣類が擦れて皮膚を傷つけてしまうと炎症が起こりやすくなります。
また雑菌のついた手で触れやすい箇所なので、雑菌が繁殖しやすく、一度にきびが出来ると、治っても繰り返しにきびが出来てしまいます。

男性の場合は髭が生えるので、髭をシェーバーなどで剃る際に皮膚を傷つけてしまうのも原因の一つでしょう。
あご周りは意外にも皮脂腺がたくさんあるので刺激を受けると、皮脂の分泌が盛んになってあごニキビの原因にもなります。

また皮脂の分泌はホルモンバランスの影響を受けるので、ストレスを感じたり、睡眠不足や生活習慣の乱れなどでホルモンのバランスが崩れると、皮脂の分泌を増加させやすくなります。
にきびのお手入れは日々の洗顔が大切なのですが、顎周りなどのフェイスラインは意外と洗顔出来ていない人が多いようです。

洗顔時に皮脂を十分洗い流せていないとにきびの原因にもなりますし、逆に洗顔料を十分に洗い流せていないと、皮膚の乾燥を招き、却って皮脂分泌を促進してしまうこともあるようです。
あご周りはケアが難しいのですが、日々の洗顔とスキンケアをきちんと行うとにきびは出来にくくなります。

それから生活習慣を見直して、体質を改善することもにきび対策には大切です。