HOME > ビタミン摂ってニキビ予防

ビタミン摂ってニキビ予防

ビタミンはお肌にとって良い栄養素で、にきび予防やにきびを早く治す効果があるとされています。
まずビタミンAは皮膚や粘膜を強化し、免疫力を付けるビタミンです。

夜更かしや生活習慣の乱れでニキビを発症するのは、免疫力の低下が原因とされ、免疫力を強化することでアクネ菌などの雑菌の繁殖を抑えることが出来るとされています。
ビタミンAはレバーや人参、うなぎなどに多く含まれています。

またレバーやうなぎにはビタミンB2も多く含まれ、代謝を促進する効果があり、新たな細胞を生成して、健康なお肌作りやダイエットにも有効とされています。
他にもナッツ類や卵にもビタミンB2は含まれています。

さらにビタミンB6にも代謝を上げる効果があり、ビタミンB2と一緒に摂取すると相乗効果が期待出来ます。
ビタミンB6はマグロやイワシ、サンマなどの青魚、豚肉に多く含まれています。

それからビタミンCは美肌の元であるコラーゲンの生成に役立ち、活性酸素を除去して、お肌のシミやシワ、たるみを予防してくれます。
抗炎症作用があるので、にきび予防にも効果を発揮するでしょう。

さらに鉄分の吸収を促進するので、貧血予防にもなります。
ビタミンCを多く含む食材としてレモンが代表的ですが、柑橘類の果物の他にほうれん草、ブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜にも含まれています。

ビタミンCは免疫力を高めるので、風邪予防にも効果を発揮します。
風邪を引きそうになったら、風邪薬とビタミンCを摂ると一発で治ります(私の場合)。
最後にビタミンEは抗酸化作用に優れ、お肌の老化防止に効果があります。
老化の原因は活性酸素ですが、代謝が衰えると、体内の活性酸素を抑制することが難しくなります。

そこでビタミンEを摂ることで活性酸素の発生を抑止し、結果的にお肌の老化をストップさせることに繋がるのです。
ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると、効果が高まります。

しかしビタミン類を大量に摂っても一日に摂取できる量には限界があります。
いずれにせよビタミン類は体内に蓄えておくことが出来ないので、毎日の食生活でこまめに摂取しなければなりません。
またビタミン類はシミ予防にも効果があります。
詳しくはシミとビタミンの関係をご覧ください。