HOME > コラーゲンでニキビが出来る?

コラーゲンでニキビが出来る?

コラーゲンというと、プルプルでハリのある美肌になるには欠かせない成分です。
女性の間でも流行し、コラーゲン鍋を食べている女性も多いのではないでしょうか。

美容、美肌に関心のある女性なら誰しも食べたことのあるものですが、一方でにきびの原因になることがあります。
せっかく美肌を手に入れようとコラーゲンを摂っているのに、それが原因でニキビが出来てしまっては台無しです。

では何故コラーゲンを摂取することでニキビが出来てしまうのでしょうか。
これはコラーゲンの過剰摂取が一つ考えられます。

コラーゲンの主成分はたんぱく質です。
たんぱく質は骨や筋肉など身体の細胞を生成するのに欠かせない成分です。

ですが、摂りすぎると脂肪として体内に蓄えられるようになります。
食品からコラーゲンを摂取する場合はそれ程気にする必要はないかもしれませんが、サプリメントやドリンク剤を併用する場合は摂取量に注意しなければなりません。

特に思春期ニキビの場合、原因が皮脂の過剰分泌であるため、コラーゲンを摂ることで皮脂の分泌量が増え、ニキビが出来やすくなります。
まだ成長過程にある場合は、ドリンクやサプリからコラーゲンを摂る必要などなく、食品から摂取するだけで十分なのです。

一方で大人にきびの場合、コラーゲンを摂ることで症状が出にくくなる可能性はあります。
大人にきびの原因が皮脂量の低下による皮膚の乾燥である場合、皮膚を保湿してくれるので、症状の改善が見込めます。

またコラーゲンには繊維芽細胞を刺激して、代謝を良好にする働きがあります。
代謝の低下が大人にきびの原因であれば、症状が改善するでしょう。

ただ取り方には気を付けなければなりません。
コラーゲンは単体で摂取しても、美肌に効果がないのをご存じですか。

コラーゲンをお肌に定着させるために必要な栄養素、それがビタミンCです。
ビタミンCと同時に摂取することで、コラーゲンの吸収を促進し、美肌効果がアップします。

コラーゲンは確かに美肌には良いものですが、ニキビが出来やすくなったり、悪化するようであれば、摂取量を減らすなどの対策が必要です。