HOME > にきびに効く薬

にきびに効く薬

にきびをいち早く治したいなら薬に頼るのも一つの手です。
市販薬から病院で処方してもられる薬など色々あります。

症状に合わせて適切な薬を使えば、即効性が期待できるので自分に合った薬を探してみてはいかがですか。
根本的に体質を改善しないとニキビは再発しますが、一時的にでも薬は効果があります。

まずドラッグストアで売っている市販薬より病院で処方される薬の方が症状に合わせて処方されるので効果が高いです。
抗生物質が配合しているにきび薬は、菌の増殖を抑えて炎症を鎮めるなど大きな効果が期待出来ます。

抗生物質を使うと、赤みがすぐに改善し、即効性があるので、いち早く治したいときにおすすめです。
しかし抗生物質では根本的治療にはならず、一時的に炎症を抑えるだけであったり、めまいなど副作用を引き起こすこともあるので、長期使用は避けた方が良いでしょう。

また過剰な皮脂の分泌がにきびの原因である場合は皮脂分泌抑制剤などが使用されることもあります。
特に女性の場合は生理前などホルモンバランスが乱れやすいときに皮脂の分泌が盛んになってにきびが出来やすいので、ホルモン剤が投与されることもあります。

市販薬の場合、塗り薬が主流ですが、中にはあまり効かない薬もあります。
炎症を抑えるのにステロイド剤がありますが、長期使用は逆に皮膚のバリア機能を破壊するので、ニキビが悪化してしまうかもしれません。

ステロイド剤はアトピーの治療にも用いられる薬です。
しかしステロイドでアトピーが悪化するという事例もあります。

副作用のない薬として、ビタミン剤などがあります。
ビタミン類は皮膚組織の修復を早め、新陳代謝を高めてくれます。

根本的なにきび治療といえますが、一時的ににきびが良くなっても、継続しなければまた再発する可能性はあるでしょう。
いずれにせよ、薬は一時的に症状を軽減、改善させるもので、根本的にニキビを無くしたいのであれば、体質を改善していくことが一番の特効薬です。