HOME > にきびの原因

にきびの原因

にきびは思春期に出来るにきびと大人になってできるにきびがありますが、思春期と大人ではにきびが出来る原因が異なります。
まずは思春期にきびの原因について考えてみましょう。

思春期、つまり10代の頃ににきびが出来始めますが、思春期にきびに悩んでいる男子や女子は多いのではないでしょうか。
思春期はちょうど異性が気になる時期であり、この時期ににきびが出来ることを本気で悩みます。

思春期にきびは大人にきびと違い、Tゾーンと頬、こめかみなど顔の上半分に出来る人が多いようです。
何故この時期ににきびが出来始めるかというと、男子は男らしく、女子は女性らしく成長を遂げる時期だからです。

思春期は声変わりをしたり、生理が始まったり、体つきが変わったりする時期なのです。
このような変化が生じるのは、成長ホルモンが多く分泌されるからです。

成長ホルモンは人間が大きく成長するために欠かせないホルモンなのですが、成長ホルモンが分泌されるようになると、皮脂の分泌量も多くなります。
これまで洗顔など必要のなかった子どもも思春期になると皮脂量が増えるので、洗顔料を使わずにはいられなくなります。

実はこの皮脂が毛穴に詰まることでにきびが出来るのです。
皮脂はさらににきびの原因菌とされるアクネ菌の大好物なので、アクネ菌が繁殖するとにきびが悪化します。

つまり思春期にきびを予防するには毎日の洗顔で、皮脂を溜めないことが大切なのです。
皮脂が顔に残らなければ、アクネ菌も繁殖できませんし、にきびも出来にくくなります。

成長ホルモンは人間が成長するには欠かせないものですが、にきびも発生させてしまうのが悩ましいところです。