HOME > にきびと女性ホルモンの関係

にきびと女性ホルモンの関係

思春期になるとにきびに悩む女子がたくさんいると思います。
思春期は女性ホルモンが分泌され出すので、あたかも女性ホルモンがにきびに悪影響を及ぼしていると思いがちですが、全く逆です。

女性ホルモンはニキビを治す救世主であり、美容・美肌の強力なウェポンになります。
女性ホルモンと一口に言っても、働きの異なる2種類のホルモンがあるのをご存じでしょうか。

2種類のホルモンとはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれるものです。
まずエストロゲンは皮脂分泌を抑制し、きめの細かい美しいお肌を維持する働きがあります。

一方でプロゲステロンは皮脂の分泌を促進するのですが、一概にプロゲステロンが肌荒れを引き起こし、にきびの原因になるというわけではありません。
皮脂の分泌が全くなされないお肌が良いわけではなく、ある程度皮脂は分泌されなければなりません。

皮脂は角質層の水分が蒸発しないように皮脂膜を張る役割があり、皮脂を全く奪ってしまうと、お肌の乾燥を招きます。
にきびは皮脂が毛穴に詰まって引き起こされるものですが、皮膚が乾燥すると今度は角栓が毛穴に詰まってにきびを発症させます。

男性ホルモンの分泌がにきびを引き起こすのは、皮脂量の増大もありますが、角質層が過角化することによって、角栓が詰まることも原因の一つなのです。
女性ホルモンの内、エストロゲンは男性ホルモンとは真逆の役割を持ち、細胞間のセラミドを強化し、角質層の過角化を防ぐ働きがあります。

セラミドが十分な量角質層に存在すると、お肌の水分量が保持されます。
この状態では仮に皮脂が分泌されても、毛穴に皮脂が詰まりにくいので、にきびに発展しにくくなります。

にきびを予防するには女性ホルモンのバランスを正常に保ち、エストロゲンとプロゲステロンがバランス良く分泌されることが大切です。