HOME > にきびに良い寝方

にきびに良い寝方

一見関係なさそうですが、どのような姿勢で寝るかもニキビの発生、悪化に大きく関係しています。
顔がよく触れる枕は常に清潔にしていなければなりません。

雑菌が繁殖した枕をいつまでも洗わないでいると、毛穴から雑菌が侵入し、にきにを引き起こしやすくなります。
さらに横向きやうつぶせで寝ると、枕に触れる顔の面積が大きくなり、毛穴を塞いで皮脂が詰まりやすくなります。

また寝ている間に分泌された皮脂や汗が枕に浸透し、枕の表面に雑菌が繁殖します。
当然雑菌まみれの枕に顔をうずめていると、顔にも菌がうつるので、にきびの元となるでしょう。

いくら洗顔をこまめに行っても、寝方次第で菌は繁殖してしまうのです。
ではどのような寝方が良いかといえば、仰向けです。

仰向けに寝れば、顔の表面にが枕に触れることがないので、雑菌が顔の皮膚にうつることもありません。
枕で毛穴を塞ぐこともなく、通気性が良いので、皮脂も出にくくなりますし、雑菌も繁殖しにくくなります。

睡眠は一日の3分の1の時間を占める程ですから、寝ている間ににきび対策するのも意外と大切です。
それから枕のカバーもこまめに洗うと良いでしょう。