HOME > 大人にきび

大人にきび

にきびは思春期の子どもだけでなく、大人を悩ます大人にきびというものがあります。
大人にきびは治っては出来、治ってはまた出来るなど、何度も再発するので本当に嫌になります。

20歳以降ににきびが出来たら、大人にきびと思ってください。
中には「ふきでもの」という人もいますが、口の周りやあごのラインなど顔の下半分に出来やすいのが特徴です。

思春期にきびは皮脂量の増加でしたが、大人にきびの原因は少し異なります。
夜更かしをしたり、疲れているときや、睡眠があまりとれていないときににきびが出来やすくありませんか。

大人にきびは新陳代謝の低下が原因とされています。
代謝が遅れていると、にきびが出来やすかったり、治りにくかったりします。

さらに放っておくと、にきび跡となって残り、シミの原因にもなるので、適切なケアが必要です。
何故代謝機能が低下してにきびが出来るかというと、古くなった角質が剥がれずに皮膚の残り、毛穴を塞いでしまうからです。

つまり大人にきびの原因は生活習慣の乱れや睡眠不足、ストレスや乱れた食生活、喫煙、飲酒による肌代謝の低下といえます。
代謝の低下したお肌は紫外線等外部刺激にも弱くなるので、にきびが出来やすくなります。

なお胃腸は24時間働きっぱなしですから、適度に消化器官を休ませることも代謝機能の向上に繋がります。
こちらにはプチ断食のデトックス効果が書かれていますので、ご覧ください。

大人にきびの特徴として、まず白にきびが出来、その後黒くなり、赤みを帯び、黄色い膿を出すようになり、その後にきび跡へと変化します。
毎日洗顔をしてお肌を清潔にしておくことはもちろん大切ですが、生活習慣を見直して、お肌の新陳代謝を正常な状態に取り戻す必要があります。

にきびが出来るとついファンデーションで厚塗りしてしまいますが、油分の多いファンデーションも毛穴をふさいでしまうので、注意してください。
また睡眠時間をきちんと確保することも大切です。

睡眠中は成長ホルモンが分泌され、お肌を修復したり、生成するのに必要な時間です。
思春期の頃はにきびを出来やすくしていた成長ホルモンも、大人にきびを予防するには有効なのです。

特にお肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から夜中の2時は就寝しておくと良いでしょう。
食事は栄養バランスの取れた食事を心がけます。

特にたんぱく質は細胞を生成するのに欠かせない栄養素であり、代謝を促進するのに有効な栄養素です。
美容に良いビタミン類もたくさん摂るようにしましょう。

生活習慣を見直すだけでにきびは出来にくくなり、治りも早くなります。
スキンケアも大切ですが、規則正しい生活なくしてにきびケアは出来ません。