HOME > 正しい冷水洗顔のやり方

正しい冷水洗顔のやり方

世の美魔女たちの間で流行している「冷水洗顔」をご存じでしょうか。
簡単にいえば冷たいお水で洗顔をするという方法です。

といっても氷で冷やしたようなお水ではなく、温度が低め(32、3℃)のお水で洗顔をします。
32、3℃でも体温よりも低いので、肌に触れると冷たく感じます。

冷水洗顔のメリットはお肌が乾燥しないという点、それから毛穴が引き締まるという点があります。
熱いお湯はお肌に必要な皮脂まで奪い取ってしまうので、かえって皮膚が乾燥してしまうというわけです。

皮膚が乾燥してしまうと、皺が出来やすくなりますし、皮脂の分泌量が増えるのでにきびが出来やすくなってしまうのです。
それから冷たいお水で洗顔をすると、毛穴が引き締まるので、皮脂が毛穴に詰まりにくくなります。

だからにきび肌の人には効果がありそうなのですが、冷水で洗顔しても毛穴が引き締まるのは一瞬だけで、数十分もすれば毛穴は元通り開きます。
あくまで毛穴が小さくなるのではないことを理解しましょう。

また皮膚を冷やしてしまうと、血行不良を招き、ターンオーバーを遅らせてしまうかもしれません。
それから毛穴が閉じているので、保湿をしようと思っても、化粧水が浸透しにくいデメリットもあります。

中には冷水洗顔を実行してニキビが出来にくくなった、毛穴が目立たなくなったという方もいるようですが、正直効果の程はわかりません。
ただ熱いお湯で洗顔をすると皮膚が乾燥して、皮脂が過剰に分泌される恐れがあるので、洗顔後に皮膚が乾燥するという方は冷水洗顔の方が良いと思います。

冷水洗顔をやってみようという方は、正しい冷水洗顔の方法を知らなければ、にきびが悪化してしまうかもしれません。
まずいつも通りにお湯(熱すぎるお湯はNG)で洗顔をし、皮膚や毛穴の汚れや不要な皮脂を取り除いてから、冷水洗顔を行います。

洗顔後は水分をタオルで拭き取り、その後化粧水や乳液で保湿をします。
なお、お肌を冷やし過ぎないように注意してください。

効果があるかはその人の肌質も影響しますから、お肌の状態を確かめながらやってみると良いでしょう。