HOME > にきびの芯出し

にきびの芯出し

にきびの状態が進行すると、黄ニキビになりますが、この状態でニキビを潰すと芯が出てくることがあります。
ニキビの芯は毛穴に詰まった皮脂が固まって棒状になったもので、芯がいつまでも毛穴に詰まっていると、アクネ菌が繁殖してにきびは再発します。

にきびを潰したら一緒に芯も取り出しましょう。
しかし雑菌がたくさんついた手で芯を押し出そうとすると、皮膚を傷つけたり、毛穴から雑菌が入り込むので、また炎症を引き起こしてしまいます。

入浴中など手の指や爪が清潔な状態でにきびの芯を取り出すと良いでしょう。
お風呂に入って身体が温まると毛穴が開き、芯も取れやすくなります。

芯が取れた跡の毛穴から雑菌が入らないよう、洗顔をした後に行うのがベストです。
またニキビの芯出しは白にきびや赤にきびの状態で行うと、にきびを悪化させる可能性があります。

無理に芯出しを行うと、化膿してニキビ跡が残ったり、シミの原因になったりします。
ご自身で芯出しを行うのが難しい場合は医療機関に相談するのも一つの手です。

病院ではレーザーなどの器具を使って治療を行うので、跡が残る心配は少ないですし、化膿しないようケアもしてくれます。