HOME > 睡眠不足がにきびを招く

睡眠不足がにきびを招く

夜更かしをしたり、生活習慣が乱れているとニキビが出来やすくなります。
睡眠は美容・美肌にとって一番の特効薬であり、慢性的な睡眠不足はお肌をボロボロにしてしまいます。

なぜなら睡眠中は成長ホルモンが活発に分泌される時間であり、皮膚が生成、修復されるのは睡眠中なのです。
しかし夜更かしや不規則な生活を続けていると、成長ホルモンが正常に分泌されなくなり、新しい皮膚細胞が作りだされません。

結果、お肌の新陳代謝も低下して、古い角質が皮膚上に溜まっていくようになります。
角質が溜まっていくと毛穴を塞ぎ、皮脂が詰まってニキビが出来やすくなります。

また成長ホルモンが正常に分泌されなくなるということは、当然ホルモンバランスの乱れにも繋がります。
皮脂の分泌量もホルモンバランスによって影響を受けるため、ホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあります。

肌の新陳代謝の低下から角質が溜まって厚くなり、さらに細くなった毛穴に皮脂が過剰に分泌されれば、ニキビの出来る準備は整ったようなものです。
このように睡眠不足はニキビの温床になることはお分かり頂けたと思いますが、睡眠の質を高めることも大切です。

夜更かしを続けると、次第に生体リズムが狂っていきます。
本来人間は日中に活動して、夜は休息を取ることで身体の機能を正常に保つことが出来ています。

そのため昼夜逆転のような生活を続けると、本来睡眠を摂って良い時間なのに身体が活動モードのままであったり、逆に日中に身体が休息状態になるなど、生体リズムが逆転してしまいます。
その結果いざ睡眠を取っても熟睡できない、あるいは中々入眠できないなど、睡眠の質も低下してしまうのです。

睡眠の質を向上させるには、日中はお日さまの光を十分に浴び、毎日決まった時間に入眠する習慣を付けることです。
日光を浴びると、夜寝ている間にメラトニンというホルモンが大量に分泌されるようになるので、睡眠の質を高めることが出来ます。

さらに適度な運動も身体を疲弊させ、熟睡しやすくなるので睡眠の質を高めるのに有効です。
疲労した身体を回復させようと、睡眠中に成長ホルモンも大量に分泌されるようになります。

では理想的な睡眠時間は何時間あれば良いのかという話ですが、個人差はあります。
人によって4,5時間でも十分という人もいれば、8時間以上寝ないと心身の疲れが回復しない人もいます。

もちろん年齢によっても異なりますし、一概に何時間が良いとはいえません。
睡眠時間は少な過ぎても多すぎても良くありません。

なお、ある調査では7時間程度の睡眠が最も良く、病気のリスクも低下すると分かっています。
ですので、7時間を目安に睡眠を摂ってみて少ない、あるいは寝過ぎたと感じるのであれば、少し睡眠時間を増やしたり、減らしたり調整すれば問題ないと思います。

睡眠の質を高める快眠法はこちらにも書かれています。
理想的な睡眠時間についても書かれているので、よろしければ参考にしてください。