HOME > タバコがにきびを悪化させる

タバコがにきびを悪化させる

タバコが肌荒れや吹き出物を引き起こすように、にきびによっても良くはありません。
喫煙は美容や健康にとって有害な行為です。

喫煙すると肌荒れするのは、タバコが血管を収縮させ、血行不良を引き起こすからです。
タバコにはニコチンが含まれており、血管を締め付けることに快感を感じるようですが、血液の流れを滞らせるリスクがあります。

血液は酸素や栄養を細胞へ運ぶ働きを持ち、血行が悪くなると酸素や栄養が細胞に行き渡らず、エネルギーを生成したり、細胞の分裂を阻害してしまいます。
細胞分裂が正常に行われないと、新陳代謝も乱れるので、ニキビや肌荒れの原因になり、美容や美肌にはマイナス要因となります。

血行不良の原因はタバコに限りませんが、健康的なお肌を維持するには血行が良好である必要があるのです。
さらに血液中のヘモグロビンという物質は酸素を運ぶ重要な役割を持っており、タバコに含まれる一酸化炭素が体内に取り込まれると、ヘモグロビンの働きを阻害し、酸素不足を招きます。

またタバコには大量の活性酸素を含みます。
活性酸素は身体の細胞や組織を酸化させる酸素をいい、細胞や組織を変性、破壊して老化を促進させます。

一定量の活性酸素なら無害化するシステムが人間には備わっていますが、タバコに含まれる活性酸素は大量で全てを無害化することは出来ません。
また喫煙は抗酸化作用のあるビタミンCを大量に消費するので、免疫力を低下させ、活性酸素による酸化作用を大きく受けてしまいます。

ビタミンCはコラーゲンを生成する働きも持っているので、不足するとシミやシワの原因にもなります。
その結果、喫煙によってお肌の防御機能が低下し、にきびやアトピーをも引き起こしかねません。

タバコが癌や動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中のリスクを高めることはご存じでしょうが、健康上も百害あって一利なしです。
タバコは直接吸わなくても、受動喫煙によって健康や美容を阻害します。

自分と周りの家族や友人のためにも少しでも早く禁煙をしてみませんか。
タバコ税も次第に引き上げられ、いつか止めようと考えている人も多いはずです。

にきび予防のためにもタバコを止めてみましょう。